どのような料金が発生するのか

>

リサイクル法に関して知ろう

分別してもらおう

自分で家電を処分する際は、家電リサイクル法に該当するものと、そうでないものを分けなければいけません。
家電がたくさんある場合は分別するのが面倒ですし、いろいろな施設に依頼するので手間がかかります。
分別するのが面倒だったら、不用品回収業者に任せてください。
業者に依頼すれば、すべての家電を回収してから分別してくれます。

ですから、見積書には分別費が書かれています。
少し費用が増えてしまいますが、手間を省けるのでお得でしょう。
リサイクル法に該当する家電は、購入したお店に持っていかなければいけません。
遠いところにあるお店で買った場合は、持って行くのが大変ですし、交通費が発生するので業者に任せた時より出費が多くなります。

リサイクルする必要がある

冷蔵庫や洗濯機は、リサイクルできる家電です。
他の家電と同じように処分できないので、不用品回収業者にリサイクルしてもらってください。
リサイクル料金を支払うことで、業者が正しく処理してくれます。
余計なゴミが増えることを避けられるので、必ず業者にリサイクルしてもらってください。
山奥に家電を捨てたりすることは、犯罪です。

法律で家電の処理方法が決まっているので、絶対に守ってください。
信頼性の高い不用品回収業者であれば、正しく家電をリサイクルしてくれます。
家電の処理方法を、事前に確認するといいですね。
不用品回収業者のサイトがあると思いますが、そこに処理方法が記載されていない場合は、怪しいので依頼しないでください。


この記事をシェアする