どのような料金が発生するのか

>

正しい見方を確認しよう

不用品の種類による

小さなイスや衣装ケース、また炊飯器などといった不良品や回収する際の料金が安いです。
見積書を見ると、処分費と記載されている部分があると思います。
それが不用品を回収する時に発生する基本料金なので、どれがどのくらいの価格なのか知ってください。
イスは500円、衣装ケースは600円というように、種類ごとに金額が書かれています。

大型の家具や家電は、1つでも処分費が1000円を超えることもあります。
たくさんの大型家電を処分してもらう際は、3000円から5000円ほどの価格になってしまうかもしれないので、費用をきちんと準備してください。
見積書を見た後で、本当に依頼するのか決めます。
価格が高いと思ったら、キャンセルしてください。

トラックの台数が書かれている

かなりたくさんの不用品を引き取ってもらう場合は、それぞれの価格を書くのが大変です。
見積書には他の部分で発生する料金も書かなければいけないので、スペースがなくなってしまいます。
不用品の数が多い場合は、トラックの台数が書かれます。
それに対して、料金がどのくらいなのか記載されているので確認してください。

トラックが1台だったら、3000円というような表記になります。
不用品の数が増えるとトラックの台数も増えて、料金が高くなります。
引っ越しをするので、使わない家具や家電を一気に処分したいという時は数が多くなるので、見積書にトラックの台数が書かれることが多いです。
もしトラックの台数が書かれていた場合は、今回は量が多かったと思ってください。


この記事をシェアする